スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACL占い

ACLの残り1つの席を占ってみる。

4位の柏レイソルは、11位鹿島アントラーズとの対戦。以下は、柏から見た数字。

通算: 8勝 7分 16敗
ホーム: 5勝 4分 8敗
アウェイ: 3勝 3分 8敗


柏は鹿島との相性は悪い。特に今回のアウェイ戦では、更に良くない。

5位の浦和レッズは、6位名古屋グランパス。勝ち点52で並び、勝った方がACLの可能性。引き分けなら、事実上共倒れとなる。以下は、浦和から見た数字。

通算: 11勝 5分 14敗
ホーム: 5勝 3分 6敗
アウェイ: 6勝 2分 8敗


その引き分けが少なく、どちらかが勝ち点3を取りそうなカード。今回は、浦和のホーム。数字は五分だ。

3位の鳥栖は、7位の横浜Fマリノスと。勝ち点差が3で、得失点差は共に+10。つまり、横浜が勝てば、ACLの可能性。鳥栖は、もちろん勝てば自力でACL確定。鳥栖と横浜の対戦はわずか(天皇杯を含めて3試合)なので参考にならないと思うので、割愛する。

もちろん、数字上は鳥栖が有利。引き分けでも、確定の可能性あり。ただ、浦和と名古屋はどちらかに勝ち点3が濃厚なカードなので、現実的には鳥栖は勝たないとダメな可能性が高い。

柏も鹿島をモチベーションで上まわるはずで、勝ち点3も十分。

3位ながら、鳥栖は勝たないといけないと考えてゲームに臨まなくてはいけないのは確かだ。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

サガン鳥栖躍動(×浦和レッズ)

サガン鳥栖では前代未聞の「当日券はありません」。かつては、1,300人のガラガラのスタジアムもあったベアスタが、22,116人の大観衆。浦和サポーターの後押しもあったとはいえ、凄まじい光景に感動を覚えました。

ただ、こういう大観衆の中でのゲームを苦手にしていた鳥栖。しかし、今日はみんな楽しそうにプレーしていました。J1での厳しいゲームを経験する事によって、メンタル面も相当に強くなっているようです。

前半、0-0で折り返す空気が蔓延していましたが、今の鳥栖は取りたい時に取れる。サイドを崩しての短いパスを、ちょこんと合わせた豊田。もう、ノリノリですね。どんな入れ方でも入る気がしているのではないでしょうか?

後半の、野田のボレー。札幌戦も素晴らしかったですが、まぁ、きれいなボレーでした。浦和に同点にされて、ちょっと浦和に勢いが流れそうになっていた時間でしたから、これは大きかったですね。

で、豊田がダメ押し。はい、完璧です。完璧なゲーム運びです。

今日の鳥栖、守備も完璧でした。失点しましたが、鳥栖の守備の緩みが原因ではありません。あれは梅崎を褒めるべき。

これで、何と4連勝。すごい。更に、3位浮上という。

元々、J1残留が目標でしたから、ACLで浮かれる事は無いですが、最後の最後までドキドキのゲームを楽しむ事が出来るのは、幸せとしか言いようがないですね。

豊田も得点王の可能性が出て来ました。トップの佐藤。チームが優勝しましたから、モチベーションとしては豊田が上回るはずです。そういう意味では、こちらも面白くなったと思います。狙えるものは、狙いましょう。

豊田が得点王なら、鳥栖はACL出場決定でしょう。喜びは、倍に!!

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

3連敗と3連勝(×コンサドーレ札幌)

サガン鳥栖は、1年生な分けですから、出来るだけいろんな事を経験して成長すべきシーズン。この前、3連敗を経験しましたが、今度は3連勝。しかも、3連敗直後の3連勝という離れ業。課題を見つけ、それを着実に改善する。残りまだ2試合ありますが、理想的な1年目だったと言えるでしょう。

今回の札幌戦。降格がすでに決まっているとは言え、同時に昇格した鳥栖が相手という事もあったでしょう。札幌の意地を感じました。

札幌には、2度のリードを許しました。それでも、鳥栖の選手達は躍動しました。

豊田のヘッド。あの体制から、よくあのコースに飛ばせるもんですね。ああいう事が出来るのは、Jリーグでも豊田以外には数えるくらいでしょう。

野田のシュートもすごかった。「トジンが練習でやってる事を真似してみた」との事ですが、他のチームメイトの技を盗む。チーム内の関係、雰囲気が非常にいい事が伺えます。豊田の確変ぶりが目立ちますが、野田の成長も著しいですね。

これで、どうやら一ケタ順位はほぼ確実な感じです。正直、十分なシーズンだったとまとめてもいいのですが、監督や選手達は新たな目標を見つけた模様。

それもそのはず、次の相手は、3位浦和。自ずと、ACL目標になりますね。ACLを目指す相手との直接対決。残り2試合でも、鳥栖に消化試合はありません。

浦和サポーターも大量襲来が予想されますが、なんたって鳥栖のホームゲーム。目の前の相手を倒しての3位となれば、この上ないホーム最終戦となります。

ALC争奪戦。勝つのは、サガン鳥栖です。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

進級決定!(×ジュビロ磐田)

平日の佐賀陸に、8,155人。非常に良く入りましたね。

試合は、ドキドキさせてくれました。3-0で圧勝ムードも、一転ピンチモードに。終了間際には、何度も「やられた~」と思った瞬間が。でも、最後の最後で踏ん張れるのが鳥栖の守備。これだけ勝ち星を積み上げられた理由がよく分かった試合と言えると思います。

今回は、藤田と金民友が不在という状況でもありました。しかし、代わりとして出場した選手が奮闘してくれました。選手層が薄いと言われる事の多い鳥栖ですが、そうでもないんですよね。サブの選手にも、鳥栖のサッカーが徹底されているので、本当の所は「誰が出てもOK」という感じだと思います。

これで自力で「J1、2年生への進級」が認められました。ガンバ大阪が勝てなかったので、負けても進級だった分けですが、「自力」で決めた事は価値があります。

変なプレッシャーも掛かる事はもうないでしょう。残り3試合も、鳥栖らしく楽しんでサッカーして欲しいと思います。そうすれば、結果も付いてくるでしょうし、気付けば「ACL」という事も。

変に欲張らず、かといって気負う事もなく、「やっぱり鳥栖は強かったんんだな~」と思わせるゲームを見せてくれたらと思います。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

大分トリニータ

今年からJ2にプレーオフが導入。6位までに入る力のあるチームにはありがたい制度と言えますが、3位まで入る力があるチームには少々迷惑なのかもしれません。

3位で自動昇格だったのが、3位に入っただけではダメ。むしろ、J2というリーグはぐーんと厳しくなった印象も。

九州勢では大分にJ1昇格の可能性。2位京都との差が勝ち点3。残り試合が2つしかありませんが、連勝すれば2位での自動昇格の可能性は十分でしょう。

来年J1での九州ダービー復活。J1の舞台での九州ダービーを開催したいですね。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

前田監督(アビスパ福岡)

アビスパ福岡の前田監督が解任となりました。

しかし、わずか2試合を残しての解任には疑問点。このタイミングでの解任には、どういう意味があるのでしょうか?

他のクラブは、これ以上負けるとまずいというタイミングで監督の交代に踏み切っています。J1昇格の可能性が全くない状況になってからの解任は不可解。

J1昇格に黄色信号が灯った時点での交代か、このまま責任を取って最後までやらせるか?どちらかなのでは?

一部の人の見方に、「ホーム最終戦でのブーイングを避けるため」というのがあります。これは「なるほど」と思える説明。

もしこの見方が正解なら、フロントは単に逃げただけ。

そう言えば、鳥栖も昔は同じ感じでした。ピッチで戦うのは選手ですが、フロントもしっかりしていないと成績は上がらない。

同じ福岡でも、北九州の方が人気が出て来ているし、スポンサーも増えているという事実。

スポンサーを激減させる事になっている一部のサポーターの扱い等も含めて、フロントは本気にならないとダメでしょう。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

サガン鳥栖復活!!(×アルビレックス新潟)

3連敗という事実は、気にする必要は無いと強がってみても、若干の不安は感じざるを得なかった。ここで負けたら、4連敗?完全に勢いを失って、ずるずる順位を落としていく事も考えられた。

しかも、相手は新潟。ここ時期は、降格圏周辺にいるチームの方が断然怖い。更に、下位のチームが苦手という可愛い所のある鳥栖。アウェイでの成績も良くないし、新潟は大人数のサポーターで埋め尽くされるスタジアム。思いっきり不安を感じざるを得ない状況にあった。

それだけに、豊田の早々の先制点は効いた。あれで、不安感が一掃された。2点目のヘッドも見事。昨年も、後半になって爆発した豊田。今年も、ここから更に加速中。

藤田やミヌがイエローで出場停止。これは痛い事は間違いないが、それはそれでなおさら、今日の勝利は大きく感じる。

明るい材料もある。木谷の復活。渋い職人が帰って来た。あとは、どこまで順位を上げられるかに注目。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

PR
プロフィール

みっちゃん

Author:みっちゃん

★サガン鳥栖ブログ検索★にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村

検索フォーム
サガン鳥栖日程


にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村
メールフォーム
コメントに対してのお返事は、都合により出来ない場合がございます。確実にお返事が必要な方は、こちらの「メールフォーム」にご意見をお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
リンク
カテゴリ
アクセス状況

ジオターゲティング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。