スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動き硬かった仙台戦

具体的に差を詰めないといけない相手との対戦で、気負ってしまったか?今日の鳥栖は終始、らしくなかったです。「負ければうんぬん」と言われてしまう状況。本当はこういう事を言われるようになった事を誇りに思うべきなんですが、どうもプレッシャーをそのまま真正面から被ってしまっている感じが多くの鳥栖の選手の顔からしました。

スカパーを見返していないので正確な数字は分かりませんが、前半のシュートはわずかに1本だったと思います。このところ前半0-0で折り返すことの多い鳥栖ですが、シュート1本というのは鳥栖らしくありません。恐らくゲームを見ていない人は、「ハーフナーがいなかったから」という風に思うと思いますが、ゴール前にボール自体が行きませんでしから、ハーフナーの有無は関係ないですね。

後半はここのところの鳥栖らしく、エンジンが掛かり始めました。しかし先制したのは仙台でした。しかしすぐに渡邊がヘッドでゴール。こうなると鳥栖の流れのはずですが、そうさせなかった仙台はやはり強いですね。

後半は決定的なシーンが結構ありました。しかしキーパーと1対1になっても打たない。シュートのシーンでパスを選択。5連勝中で自信を持っていいのに、そう思えない。それがプレッシャーというものなのかもしれません。

結局、引き分けましたが、よく引き分けに出来たとも思っています。昨年までなら負けていた試合でしょう。後半35分辺りから仙台の選手の足がパタリと止まりました。しかし鳥栖の選手は90分走りまくりました。運動量では勝りました。1-1。

「ハーフナーがいなかったのが痛かった?」私はそうは思いませんでした。ハーフナーがいたら勝てたとも思いません。勝てたかもしれないし、結果は同じだったかも。それはやってみないと分かりません。

引き分けに終わったのはプレッシャーです。我々サポーターもプレッシャーを与えています。しかしそれでいいと思います。サポーターが与えるプレッシャーは期待しているからこそですから。

要は当然降りかかるプレッシャーを心地よく感じることが出来るかどうか?連勝中だったからこそ掛かったプレッシャーがあったはずです。今回の引き分けは鳥栖にとっては厳しいものであることは間違いありません。しかし、ここで一段落着いたことで、見えなくなっていたものが見えるかもしれない。

切り替えの早い鳥栖ですから、水曜日はまた強い勝ち方をしてくれるのではないかと思います。湘南、甲府も好調ですが、一つの黒星が全てを狂わすことが出来るかもしれない。湘南、甲府の調子を落とすことが出来るかもしれない。まずは勝つことが大切ですが、もう立ち直れないと思わせるような勝ち方をすることが出来れば3位は十分あると思います。


スポンサーサイト

テーマ : J2
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

残り6戦

次からの湘南、甲府ここが正念場ですね。
そして残り6戦、勝利することを祈っています!

トリニータ新着情報・管理人さん

置かれている状況は変わらないと思います。やるべきことは全部勝ちに行くということですね。やるだけやります。
PR
プロフィール

みっちゃん

Author:みっちゃん

★サガン鳥栖ブログ検索★にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村

検索フォーム
サガン鳥栖日程


にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村
メールフォーム
コメントに対してのお返事は、都合により出来ない場合がございます。確実にお返事が必要な方は、こちらの「メールフォーム」にご意見をお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
リンク
カテゴリ
アクセス状況

ジオターゲティング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。