スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党が負けた理由

自民党がここまでの大敗をした理由は沢山あると思うのだが、その一つに解散の時期を延ばした事があると思う。

福田元総理が、「選挙のために(←自民党の関係者は誰一人言ってはいないが、明らか)」と、麻生総理を指名。形だけの「総裁選」を派手に行って、そのまま衆議院を解散してしまうという作戦だった。

麻生内閣発足時の支持率は約51%。恐らくここで解散しても自民党は負けていたと思うが、せいぜい民主党が単独過半数を取れるかどうかというラインだったと思う。

麻生総理はここで「もっと何かやれば支持率が上がる」と読んだ。そこに、「100年に一度の経済危機」と言われている不況が到来。中には、麻生総理は経済危機に巻き込まれて不幸だった」と言っている評論家もいる。しかし、私は麻生総理はこれを利用しようとしたに違いないと思っている。

解散について聞かれると、「景気対策が先だ」と言っていたが私にはごまかしにしか聞こえなかった。世論調査で、「今すぐに解散して欲しい」という声が多かったのに、それを無視し続けた。解散しない理由として、「100年に一度の経済危機」という言葉を使った。つまり、約1年近く、国民を無視した政治が行われていたという事。「100年に一度の不幸な政治」だった。

今か今かとイライラが募っていた有権者。その怒りが1年で大量のマグマとなっていた。それが今回の衆議院選挙の実態。一気に怒りのマグマが噴出した。それは自公政権に対する怒りを通り越して、恨み辛みだったのかもしれない。

自民党が再生できるかどうか?比例で派閥の領袖ばっかり復活させたことを考えると、体質は何も変わっていない気がする。4年後には、自民党という政党そのものがなくなっているかもしれない。しっかり反省することが出来るかどうか。それが再生出切るかどうかのキーだろう。


スポンサーサイト

テーマ : 衆議院選挙
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

PR
プロフィール

みっちゃん

Author:みっちゃん

★サガン鳥栖ブログ検索★にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村

検索フォーム
サガン鳥栖日程


にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村
メールフォーム
コメントに対してのお返事は、都合により出来ない場合がございます。確実にお返事が必要な方は、こちらの「メールフォーム」にご意見をお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
リンク
カテゴリ
アクセス状況

ジオターゲティング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。