スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判員裁判がスタート

本日、日本初の「裁判員裁判」がスタートしました。このブログを読んでいる方の中にも、候補者として選ばれた方がいらっしゃるかもしれません。ちなみに私は選ばれておりません。

アメリカの陪審員制度を目指して作られた制度と言えるのですが、少々不満があります。それは適用されるのは「刑事裁判」のみで、「民事裁判」では導入されていないこと。もし私が裁判員に選ばれたら、「民事裁判」に参加したいと思うからです。

実は日本の刑事裁判の99%は「有罪」になります。刑事事件が裁判になるかどうかは検察官が決めます。警察官ではありません。検察官と警察官は似て非なるものです。

で、検察官が起訴するか不起訴とするかを決めます。ここで起訴されれば自動的に裁判が開かれます。その裁判の有罪率が99%ですから、起訴された段階で犯罪者=前科持ちとなります。逆に不起訴となれば、裁判は開かれませんから無罪。

何が言いたいかと言うと、日本の刑事事件においては、検察に起訴された段階で「有罪」だということになるということです。裁判員として参加しても、「無罪」になる裁判はほぼないと思った方がいいでしょう。本物の裁判官が「無罪」と判断しない限り、裁判員全員が「無罪」と主張しても有罪になります。

つまり「有罪ありき」の裁判に参加するのは、答えが分かっているクイズみたいなものでやりがいがないかなと思うのです。

もし参加した裁判で、自分では間違いなく「無罪」と思ったものが、「死刑」と判決が出された時のショックは相当なものの様な気がします。

民事裁判では「死刑」はあり得ませんし、具体的な賠償の数字を考えるというのが仕事になります。刑事裁判に一般の市民が参加するというこの制度、少々普通の人にとっては酷な制度の様な気もします。

実際にどういう影響があるかをよく検証して、適宜修正していく必要があるでしょう。


スポンサーサイト

テーマ : 裁判
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/police/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/police/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
vGGsDrF5

No title

こんにちは。大変ためになりました。
昨日は裁判員裁判のニュースがかなり長い時間
TVで取り上げられていましたね。
もし自分が選ばれてしまったら・・・・・
冷静に判断できるかどうか不安です。
これから続々と裁判員裁判が開かれると思いますが
他人事と思わず勉強しないといけないですね。

ambitious10さん

もしかしたら数年後は選出される可能性はあります。制度そのものは悪いとは思いませんが、改善点は多々ありそうです。

「冤罪」で苦しむ裁判官もいるとTVでありました。もし担当した裁判で死刑判決が出て、後から「冤罪でした」と言われた時はかなりのショックでしょう。刑事事件での裁判員制度はその辺がきつい。なので、刑事事件での裁判員制度は疑問もなくはないです。



PR
プロフィール

みっちゃん

Author:みっちゃん

★サガン鳥栖ブログ検索★にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村

検索フォーム
サガン鳥栖日程


にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村
メールフォーム
コメントに対してのお返事は、都合により出来ない場合がございます。確実にお返事が必要な方は、こちらの「メールフォーム」にご意見をお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
リンク
カテゴリ
アクセス状況

ジオターゲティング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。