スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不法入国のフィリピン人一家、在留認めない方針について

強制退去処分を受け、一時滞在の仮放免期限を迎えた日本生まれのフィリピン人、カルデロン・のり子さん(13)と父母の家族3人について、東京入国管理局は13日、一家全員の在留特別許可は認めないことを決めた。森英介法相が同日の閣議後会見で明らかにした。


親の責任があるものの、のり子さんには何の罪もない。産まれてからずーっと日本に住んでいるわけだから、彼女は「日本人」として扱うべき。彼女には日本に在留する権利がある。

彼女の親は不法入国。法律に則れば「国外退去」は当然。しかし、のり子さん一人だけ在留rを認めて日本で一人で暮らすというのも残酷な話。13歳で一人で生きていくのは困難だ。

日本は口では「国際化」と唱える割には、本当は非常に閉鎖的だと思う。法律をそのまま適用すれば、法務大臣の判断は正しい。しかし、法律によって全てが処理できるはずはない。個々の用件はさまざまなケースがあるわけで、そこで柔軟に対応することも大切なことだ。

イギリスでも同じ様な事例があった。そこでは家族一家での在留が認められた。のり子さんが今フィリピンに行ったとして、フィリピンの習慣に慣れ親しむというのは大変困難な話だろう。言葉も違う。

法務省には、「一つ認めてしまうと」という事があるとは思う。しかし、現在のパスポートはICチップが埋め込まれたりして、偽造パスポートは作りにくくなっている。今後同じ事例が頻発するとは思えない。

親だけであれば「強制退去」が適当だと思うが、子供はフィリピン人ではない。特異な例だと思うし、今回は「特例」で家族一家での日本在留を認めて欲しい。それが国際化を唱える日本の適切な判断だろう。


スポンサーサイト

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

PR
プロフィール

みっちゃん

Author:みっちゃん

★サガン鳥栖ブログ検索★にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村

検索フォーム
サガン鳥栖日程


にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村
メールフォーム
コメントに対してのお返事は、都合により出来ない場合がございます。確実にお返事が必要な方は、こちらの「メールフォーム」にご意見をお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
リンク
カテゴリ
アクセス状況

ジオターゲティング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。