スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アビスパ福岡、都筑社長

今日のRKB「今日感テレビ」でアビスパ福岡についての特集があった。その中でアビスパの都筑社長のインタビューがあった。

アビスパについて聞かれた社長:「お金に始まってお金で終わった。最初から最後までお金が無かった」

シーズンについて聞かれてまずお金の話が一番に出てくる。「今期、成績が良くなかったのはお金が無かったから」という言い訳に聞こえた。これは深く読むと、「周りの企業が金を出さないから強くなれない」と言っているようなもの。スポンサー批判にも聞こえる。

現に、アビスパは福岡市の企業を中心に約1億円の追加出資を求めている。しかし実際に集まったのは5,000万円ほど。出資を拒否する企業が半分ほどあったと言われている。

スポンサーがお金を出す理由。それはまず広告に値するかどうか?それと同時にチームに魅力を感じるかどうかという要素も小さくはない。大分のスポンサーは700を超えると言われている。鳥栖は国内大手の通販会社「DHC」が胸に、背中には「ブリヂストン」がついている。熊本はそれまでの「白岳」をJリーグに認めてもらえなかったが、すぐに「武者返し」というお菓子メーカーが胸スポンサーになった。

つまり、チームに魅力があれば、スポンサーは集められるという事。チームの不振をお金のせいにしたりするのは事実であっても絶対にJリーグのトップが行ってはならない発言。この発言により、さらにスポンサーは減ってしまうに違いない。でも来年に今頃同じ社長が同じ言い訳をするんだろうなと思う。「お金が無いから弱い」と。


スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

クリスマスイヴなのに
一人なので
いろんな方のブログみてたら
たどり着きました

応援して帰ります

人気ブログランキングで
10位以内に入りました

福岡県といえば野球、バスケ、駅伝と色んなスポーツが強いが大阪と並んでサッカー不毛の地と言われていた県 以前は東海大五が何年も連続で選手権に出場するも毎年初戦敗退し サッカーでは九州のお荷物的な存在でした その頃は佐賀商や佐賀学園といった佐賀勢や長崎、宮崎が九州のサッカーをリードしてました しかし 人口の多さや良い指導者が現れたため福岡はサッカーの強い県となりました 佐賀はサッカー、ラグビーとそれまで相手にならなかった福岡に先を越されてはや数年 でも福岡のスポーツはやっぱり野球であり、サッカーはむかないのでは?? それでも今シーズンは観客がよく入ってたんじゃないかと思いますね さてさて、鳥栖は藤田の後釜探しに大分の市原をレンタル獲得しそうですね 藤田、やはり出ていくのか・・

タタウさん

福岡は人口比の割りに観客数が少ないなと思いますね。福岡の天皇杯初戦は1,300人だったとの事。リーグ戦は企業などの招待券があるみたいなんですが、正味のサポーターの数は多くはないかもしれません。

東福岡の志波さんも苦言を呈しているように、地元に密着出来ていない気がします。

No title

逆ですよね考え方が。

商品売って儲かろうと思ったら、売れるモノ作らないと。
売れるモノ作ろうと思ったら、試行錯誤しないと。

トップがそこ言い訳にするのは周りがキツイっすね・・・

高菜さん

大分の社長さんも同じ番組にちょっと出ていましたが、「命がけでやっている」と言っていました。現在の大分のスポンサーは約700社だそうです。

やはり社長の情熱、そして確かなビジョン、これがないのとあるとでは大違いという事ですね。

単純に人口で考えれば、福岡が一番市場は大きいはずです。しかし、大分に抜かれ、鳥栖にも抜かれ。特に鳥栖の場合は、周辺人口は福岡とは比べようもないくらい少ない。

責任逃れをする社長のいる会社は潰れます。
PR
プロフィール

みっちゃん

Author:みっちゃん

★サガン鳥栖ブログ検索★にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村

検索フォーム
サガン鳥栖日程


にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村
メールフォーム
コメントに対してのお返事は、都合により出来ない場合がございます。確実にお返事が必要な方は、こちらの「メールフォーム」にご意見をお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
リンク
カテゴリ
アクセス状況

ジオターゲティング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。