スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校の英語は英語でやる

「高校の新学習指導要領案」に盛り込まれた「英語の授業は英語で行うことを基本とする」というもの。いかにも日本の教育を崩壊させる文部科学省が考えそうなこと。余りにもばかばかしい。

そもそも教員の側に英語で授業をする力があるのかどうか?現場では、まともにALT(外国人講師)としゃべることの出来ない先生も少なからずいる。英文法や和訳は得意でも、会話となるとからっきしダメというのは少なくない。

高校の英語の授業は、半分近くを英文解釈や英文法に費やされる。私もこの傾向には疑問があるが、大学入試の英語の試験の点数配分は長文読解が約半分。大学入試から変えなければ、高校の英語教育の方法は変わりようが無い。

文部科学省は「英文法などは日本語でよい」とコメントしているが、英文解釈は英語でやれるのか?英文解釈自体が英文の日本語への和訳。日本語に直すという作業の授業をどうやって英語でやると言うのか?矛盾がある。

大体、文部科学省なんて無くていい。現場には足を運ばず、研究校とされる学校はいづれも優秀な学校。極々一部のサンプルを取り出してきて、それを元に指導する。だから現場が混乱し、日本の教育がおかしくなる。

数年前には「詰め込みはいけない」と言っておきながら、今度は「授業時間を大幅に増加」と行き当たりばったり。現場のことは現場が一番よく分かっているので、教育も学校単位で柔軟にやらせたらいい。それこそ、一人一人の生徒を細かく見る教育が出来るというもの。

これだけ価値観が多様化している世の中において、上から全てを押し付けるという時代錯誤の教育行政。今回の英語教育に関しての指導要領もそれを顕著に表したものだと思える。


スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

PR
プロフィール

みっちゃん

Author:みっちゃん

★サガン鳥栖ブログ検索★にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村

検索フォーム
サガン鳥栖日程


にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村
メールフォーム
コメントに対してのお返事は、都合により出来ない場合がございます。確実にお返事が必要な方は、こちらの「メールフォーム」にご意見をお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
リンク
カテゴリ
アクセス状況

ジオターゲティング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。