スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻生政権、今後の予測

11月末の解散を見送る構えの麻生総理。この事で今後どういう展開が見えるか?占ってみたい。

麻生総理が解散総選挙に打って出れない理由。それは支持率の低下。経済対策うんぬんは表の言い訳でしかなく、本音はそこにある。今選挙をすれば自民党は大敗。せっかくつかんだ総理大臣の座を空け渡す事が明白だからだ。

総裁選直後の世論調査で、「次の総理は麻生、小沢のどちらがいいですか?」という質問で、圧倒的に「麻生」という声が多かった。これで麻生総理の傲慢さが出てしまった。「俺様は支持されている。もう少し時間を掛ければ必ず支持率がもっと上がる。そこで解散しよう」という気持ちになったと言われている。しかし実際には支持率は低下。一連の経済対策も専門家からは疑問の声が多く、「選挙対策のバラマキだ」という批判の声が強くなりつつある。

恐らく解散総選挙は年越しをする。そこに待っているものは、更なる支持率の低下。これに失言が加われば致命的な支持率もありうる。11月以降、民主党が徹底抗戦に切り替える模様。民主党の役割としてこれは当然の方法と思うが、これに痺れを切らした麻生総理が思わず問題発言をすることは多いにありえる。

また、公明党も自民党に愛想を尽かし始めている。創価学会に至っては、すでに自民党離れが顕著だと聞く。公明党としては、同じ泥舟には乗りたくない。どうせ負けることが分かっているなら、傷の浅いうちに選挙して欲しいという気持ちが強いと思われる。公明党はある程度の票が取れるので、無茶苦茶な大敗はない。ただ麻生総理の支持率が20%台なんてことになれば、そのとばっちりはかなり大きくなる。公明党大敗のシナリオが出来てしまう。そうなれば、ひょっとしたら連立離脱のカードも切られるかもしれない。

とにかく選挙が伸びることによる候補者の事務所費等の経費や、テレビCM代など大金がじゃぶじゃぶ消えていく。「無駄を減らす」とは言いながら、今もなお無駄金が使われている。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

PR
プロフィール

みっちゃん

Author:みっちゃん

★サガン鳥栖ブログ検索★にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村

検索フォーム
サガン鳥栖日程


にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村
メールフォーム
コメントに対してのお返事は、都合により出来ない場合がございます。確実にお返事が必要な方は、こちらの「メールフォーム」にご意見をお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
リンク
カテゴリ
アクセス状況

ジオターゲティング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。