スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとひどすぎ!

日経平均、終値483円安の1万1259円86銭と、今年の最安値を更新。NYダウに至っては、777ドル安という史上最高の下げ幅。あのブラックマンデーを抜いてしまった。

この件について「思いっきりイイ!テレビ」で、みのもんた氏が「投機によるものだから関係ない」と発言していたが、果たしてそうか?

株価が暴落することによって受ける私たちへの影響は大きい。それは株式投資をしている投資家だけにはとどまらない。株式相場が冷えてしまうと、企業の資金調達が難しくなる。市場から直接調達出来る資金が減るだけでなく、銀行の貸し付け判断に株式の時価総額というのは非常に重要なファクターになるので、企業が銀行からお金が借りられなくなる。

株式相場に上場している企業自体は、日本の全企業の数からすれば微々たる物。しかし、企業と企業は結びついているだけに、大企業がくしゃみをすればその下にいる企業は風を引くことになる。現状を鑑みると、大企業でも風邪をこじらすくらいの影響がありそうで、中小企業は致命傷を患う恐れまで出ていると思われる。

現に倒産する企業が加速度的に増えてきている気がする。普通、倒産する企業は直前では株価が100円を切っているという事が多かった。それが1万円台で、いきなり倒産というパターンが増えている。いわゆる突然死。つまり大きな会社であっても油断できない状況、危機的な状況だと言える。

これを受けて総選挙の時期が先送りとなる模様。当然だろう。それでも支持率が高いうちに選挙という声もあるようだが、今の経済状態はかなりの緊急事態。補正予算を通さずに解散となれば企業の倒産が相次ぐ。政治においてはみのもんた氏のように、「そんなの関係ね~」では済まされない。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

今回の金融危機の発端はアメリカから始まりでありますし、日本もどうしようもない政治家や閣僚や役人のアホばかりのツケが景気を再び後退させてる。

ブラックマンデーランクの暴落はまだ序章なのかもしれないし~先程ニュース見たらアメリカの下院議会での緊急対策法案が否決されたのには、流石のアメリカもここまで追い詰められたのかなと。

そして株価が下がり大企業の資産価値が少なくなれば、しわ寄せは中小企業に直下する。
となるとますます悪くなるだけ。デフレスパイラルに再び陥る。

最悪あの世界恐慌が、もしや訪れるのも全くないとは言えないだろう。

ウィントスさん

NYは一転して爆上げでした。しかし日本は、イマイチ。アメリカのせいだけでこれまで株価が下がってきた分けではないという事に政治家は気付いて欲しいです。

麻生総理の所信表明演説のように、全部他人のせいにしてしまうバカな政治家が多すぎます。
PR
プロフィール

みっちゃん

Author:みっちゃん

★サガン鳥栖ブログ検索★にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村

検索フォーム
サガン鳥栖日程


にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村
メールフォーム
コメントに対してのお返事は、都合により出来ない場合がございます。確実にお返事が必要な方は、こちらの「メールフォーム」にご意見をお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
リンク
カテゴリ
アクセス状況

ジオターゲティング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。