スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J1への手応え

●藤田祥史(鳥栖)
「これからも、どことやってもあと13試合、1試合1試合勝つだけ。鳥栖らしいサッカーでしっかり戦いたい」

●下地奨(鳥栖)
結果も出ていい経験もできたが、もっと上を目指す残りの13試合があるので、これで慢心せずにやっていきたい」

一部を抜粋したが、非常に期待の持てるコメント。藤田は「鳥栖らしいサッカーで」と言えば、下地は「慢心せずに」とコメント。恐らく、「行ける」とか「もう大丈夫」とかいった慢心で心に隙間が出来たチームはJ1昇格争いから脱落する。


また、第3クールにまでなって、自分達のスタイルを変えても上手くいくとは思えない。むしろ第1クール、第2クールで培ってきた経験を生かして、サガンサッカーを完成させるのがこの第3クールだ。絶対的な信頼感で結ばれた監督と選手。誰一人別の場所を見るものはいない。そういう強固な結束が、今の結果を生み出している。


勝っても冷静にこういうコメントが出せるということに、選手の成長が見て取れる。このコメントにJ1への手応えを強く感じる。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PR
プロフィール

みっちゃん

Author:みっちゃん

★サガン鳥栖ブログ検索★にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村

検索フォーム
サガン鳥栖日程


にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村
メールフォーム
コメントに対してのお返事は、都合により出来ない場合がございます。確実にお返事が必要な方は、こちらの「メールフォーム」にご意見をお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
リンク
カテゴリ
アクセス状況

ジオターゲティング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。