スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サガン鳥栖躍動(×浦和レッズ)

サガン鳥栖では前代未聞の「当日券はありません」。かつては、1,300人のガラガラのスタジアムもあったベアスタが、22,116人の大観衆。浦和サポーターの後押しもあったとはいえ、凄まじい光景に感動を覚えました。

ただ、こういう大観衆の中でのゲームを苦手にしていた鳥栖。しかし、今日はみんな楽しそうにプレーしていました。J1での厳しいゲームを経験する事によって、メンタル面も相当に強くなっているようです。

前半、0-0で折り返す空気が蔓延していましたが、今の鳥栖は取りたい時に取れる。サイドを崩しての短いパスを、ちょこんと合わせた豊田。もう、ノリノリですね。どんな入れ方でも入る気がしているのではないでしょうか?

後半の、野田のボレー。札幌戦も素晴らしかったですが、まぁ、きれいなボレーでした。浦和に同点にされて、ちょっと浦和に勢いが流れそうになっていた時間でしたから、これは大きかったですね。

で、豊田がダメ押し。はい、完璧です。完璧なゲーム運びです。

今日の鳥栖、守備も完璧でした。失点しましたが、鳥栖の守備の緩みが原因ではありません。あれは梅崎を褒めるべき。

これで、何と4連勝。すごい。更に、3位浮上という。

元々、J1残留が目標でしたから、ACLで浮かれる事は無いですが、最後の最後までドキドキのゲームを楽しむ事が出来るのは、幸せとしか言いようがないですね。

豊田も得点王の可能性が出て来ました。トップの佐藤。チームが優勝しましたから、モチベーションとしては豊田が上回るはずです。そういう意味では、こちらも面白くなったと思います。狙えるものは、狙いましょう。

豊田が得点王なら、鳥栖はACL出場決定でしょう。喜びは、倍に!!
スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

完璧な試合

今日ほど幸せな試合はないと思います。ジュビロ戦で残留を決めてACL圏内の3位。ヤバイとしか言い様がありません。解散の危機や年間3勝しか出来なかった時代を知ってるみっちゃんさんは本当に自分以上に嬉しいのではないかとおもいます。(笑)

試合内容ですが、前半は浦和のパス回しに圧倒されてましたね。ただ、全員守備で我慢しての豊田の先制点。豊田は浦和から警戒されてても止めれないほどのキレキレ。
そして追加点を決めたもう一人のキレキレ男、野田。アウトにかけてのダイレクトのイマジネーションはさすが!!
失点は梅崎の決定力を褒めるべきですよね。守備は完璧でした。

ここからは自分の勝手な意見ですが、正直ACLは出場しなくても…

遠征費もない、ACL+リーグ戦と過密日程になって選手のコンディション調整が厳しい、選手層厚くないから両方をこなすのは…
獲得賞金も豊田、藤田などの主力を残留させるために使って欲しいです。

以上、自分の勝手な意見でした。
最終節は負けて欲しくはないですが、正直な感想でした。

ACL

ベアスタでの凄い雰囲気を肌で感じたかったです。
関東在住のため専らTV観戦ですが、映像からもスタジアムの盛り上がりが実感できました。

今年は想定外の結果となりそうですが、こういう想定外は大歓迎です。
最終節の結果次第ですが、ACLの可能性が大きくなってきました。ACLが現実のものとなった今、正直なところ期待よりも、不安の方がとてつもなく大きくなっています。

Jリーグとの過密日程をどう乗り切り、ACLをどう戦うのかイメージができていません。
両立させるためには、今期の中核選手の移籍回避とスタメン可能な選手の大幅補強が必要となりそうですが、クラブノ資金力からして、難易度は相当高そうです。
かと言って、ACLをナビスコ杯レベルに考えて、それなりに戦うことは許される状況ではなさそうですし。。。

ACL参戦でJ2降格は絶対に避けたいシチュエーションなので、クラブとしてリスク回避のためにできることは何でもやる必要がありそうです。

知合いのベガルタサポも同じ心境のようです。
ベガルタの場合も、地域スポンサー頼りのクラブ規模からして、大型補強は難しく、来期は残留争いに巻き込まれることも覚悟していると言っていました。

サガン大好きさん

乗りに乗っている豊田に、成長著しい野田。決めるべき人が決めて、決めたい人が決める。

守備もほぼ完璧。これでは、負けないですよね。

ACLに関しての意見は、正直言ってサガン大好きさんとかなり近い意見です。恐らく、フロントも同じ不安を感じていると思いますよ。

でも、「鳥栖なら!」って気もするんですよ。J1昇格が決まった時から、鳥栖は真っ先に降格すると思われていた。我々、サポーターも不安の方が実は大きかった。

鳥栖は、周りが不安に感じている事を、確実に乗り越えてくれる。ACLに出場する事になっても、とんでもない事を成し遂げてしまう可能性もあると思います。

今年は、何度も我々の予想をいい意味で裏切ってくれた。そして、大きくなるばかりのサポーターの期待にも、答えてくれた。

鳥栖は、課題が大きいからこそ、それを乗り越えて見せると意気込んでいる感じがします。

いろんな意味で、すごいチームになりましたね。

はじめさん

サガン大好きさんへのコメントと被りますので重複は避けますが、ACL出場となっても、それを乗り越えるのが鳥栖らしさかなと思うんですよね。

クラブ消滅寸前まで行った所から、J1の一員となった。今年だけでなく、過去の鳥栖の歴史を眺めると、鳥栖が数々の課題や不安を乗り越えている強さの理由が分かると思います。

怖がって避けるよりも、チャレンジ出来るものには挑んで行くというのが、私は好きです。

お久しぶりです!

浦和戦の試合の終わらせ方、5バックじゃなかったですね(笑

ユン監督…
さすがだなって思いました。

クラックさん

浦和戦は、徹底して「攻め」の姿勢でしたね。そういう気持ちをしっかりプレーに表現出来る選手達も素晴らしかったですね。
PR
プロフィール

みっちゃん

Author:みっちゃん

★サガン鳥栖ブログ検索★にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村

検索フォーム
サガン鳥栖日程


にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村
メールフォーム
コメントに対してのお返事は、都合により出来ない場合がございます。確実にお返事が必要な方は、こちらの「メールフォーム」にご意見をお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
リンク
カテゴリ
アクセス状況

ジオターゲティング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。