スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中2日、動けなかった鳥栖(×大分トリニータ)

水曜日の岡山戦から中2日。勢いで何とかならないかと期待したが、やはり動けなった。

キックオフ10分くらいで、すでに鳥栖に得点が産まれない事を確信。「引き分け」で追われればいいなと思っていた。そのくらい、選手の表情は明るくなく、運動量もいつもの鳥栖らしくなかった。

藤田は下を向き、豊田の足取りも重い。しかし、原因はタフな日程にあるのは間違いなく、今回ばかりは選手を責める事は出来ない。むしろ、よく無失点で抑えたという事を評価したい。

鳥栖と岡山以外のチームも、このタフな日程が待っている。上位陣も同じ試練が待っている。したがって、今回の引き分けはあまり気にすることは無い。貴重な勝ち点1だ。


スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昇格圏順位に多少からんで、それも1試合多い暫定状態にあるだけで
まだ我々は何も手にしていません。
よくもまあそんな事が言えるもんだなあと思います。

一番奢ってるのはあなたですね。

もう少しサッカーの事勉強してから語ってください。
恥ずかしい。

No title

大分サポには、あなたのような感想を持っている人はいない。
とても腹立たしいコメントです。
チームの実情がわかっていないのに、よくも言えましたね。

No title

大分はただでさえ去年より戦力ダウン、更に怪我人だらけでやむなく田坂監督が選手の特性を見て、違うポジションへコンバートをしたり3バックに変更したり、それから試合に徐々に勝てるようになって、それまで10位台の後半だった成績から一桁台の順位まで押し上げてきました。

これは去年からしたらすごい事です。田坂監督は1年目ですが、さすがだと思います。去年はファンボというJ1での経験のある監督で、現在大宮の東や新潟の菊地、磐田の藤田、セレッソのキムボギョン等、今年よりいい選手が揃っていたのに最終的に15位でしたから・・

昨日も幾ら連戦の鳥栖とはいえ前節にあれだけ点を上げてるチームを無失点に抑えたというのは、3バックに本職のDFが一人しかいないチームとしては、本当に良かったと胸をなでおろしていると思います。

有力な選手がほぼいなくなり、ほぼ若手ばかりの環境で最初はなかなか結果が出せなかったのに、少しづつ結果を積み上げ監督は必死に礎を作ろうとしています。
昨日はやはり実際現場でしかわからない手ごたえを監督自身が感じたのでしょう。

チームの内情を知らない他のチームのサポーターの方が上から目線でどう思おうと、今はゆっくりチームが少しづつでも前を向いて前進している事が当事者のサポとしてうれしいことです。
PR
プロフィール

みっちゃん

Author:みっちゃん

★サガン鳥栖ブログ検索★にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村

検索フォーム
サガン鳥栖日程


にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村
メールフォーム
コメントに対してのお返事は、都合により出来ない場合がございます。確実にお返事が必要な方は、こちらの「メールフォーム」にご意見をお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
リンク
カテゴリ
アクセス状況

ジオターゲティング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。