スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本監督コメント(×栃木SC)

夕方の地元のスポーツ番組を見ていたら、アビスパ福岡の篠田監督と丹羽選手が生出演。さすがにいい顔している。これがJ1昇格を果たした余裕なのだろうか?

「実は昨日の移動で渋滞に巻き込まれて、バスの中で5時間を費やし、栃木に来たのが夜の9時だった。12時半のからのゲームには悪いコンディションとなり、選手たちは非常に体が重かった。選手達は意欲的にプレーしようとしたが、体が動くいい条件ではなかった。もうひとつここのグラウンドの芝が粘っこくて非常にプレーしにくかったと。それは両チーム一緒だが、ただ我々の日頃練習している芝と違いは大きかった。べたつくような感じの芝でプレーが思うようにいかなかった。ワンタッチプレー、早いボールのパスワークという我々が目指しているところが出せなかった。選手達の気持ちが良く分かった戦いだったが、コンディションが良くなくて、グラウンドに慣れなかったことが敗因だと思う。」

ただ飯尾は次の様に言っている。

「コンディションは全く言い訳にはならない。負けは負け。メンタル的なものだと思う。」

更にこう続けている。

現場もそうだがサガン鳥栖の全てが、今年本当に勝負を懸けていたのかと。本当にそんなに甘いものではないし、サガン鳥栖として会社から全ての人が反省しないといけない。

松本監督の言葉を否定するつもりは毛頭ない。負けた理由としては妥当な言い訳にはなる。ただ、飯尾は違う様に見ているし、今シースンはすでに指導陣と選手の間に小さくない溝があった事がうかがえる。「夢一岩」が絵に描いた餅だった事は事として受け止めなくてはならないと思う。

私は以前、牛島社長を批判した。今でも批判的なのは変わらない。最終戦後のセレモニー。社長の言葉に私は強い疑いを持った。結局何が言いたいのか具体的に伝わって来なかった。社長という存在は、周りの人間をうならせるくらいの存在ではなくてはならない。聞いている人に「一体、何が言いたいの?」と思わせる様なスピーチでは失格だ。福岡がJ1昇格、熊本が躍進。トップがしっかりしているかどうかは、重要な要素だ。

今年の選手たちが昨年ほとんどゲームの経験がなく、数多くのゲームをやっていない選手の疲れが途中で出た。ワールドカップ期間中にその疲労を取ろうとしたが、取り切れなかったと。その典型がキム・ミヌのオーバーワーク症候群ということで、完全にコンディションを崩したひとつの例だった。他の選手も疲れが残っていた。

だって朝練やっていたじゃないですか。プロだからこれくらい当たり前にこなせると思っていたら、結局は疲れが取れませんでしたでは・・・。

今年の選手の陣容からすると仮に上がっても1年で落ちてしまうと。

これはちょっと残念かな~。上がらなくて良かったという風に聞こえてしまう。

ただ、松本監督には何らかの形で鳥栖に関わって欲しい。再びGMの椅子を用意してもいいのでは?ソフトバンクの王さんの様な存在でも。

来期は必ずJ1昇格して、松本監督に恩返ししよう!


スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

よくよく考えてみて、最終戦だからこその何か糸のあるコメントだと割り切ることにしました(笑)

今日わ、フレスポ行きたいと思います!!
PR
プロフィール

みっちゃん

Author:みっちゃん

★サガン鳥栖ブログ検索★にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村

検索フォーム
サガン鳥栖日程


にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村
メールフォーム
コメントに対してのお返事は、都合により出来ない場合がございます。確実にお返事が必要な方は、こちらの「メールフォーム」にご意見をお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
リンク
カテゴリ
アクセス状況

ジオターゲティング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。