スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党代表戦

ふたを開けてみれば、菅総理の圧勝。菅総理を支持していたものの、この大差は意外でした。

小沢さんの総理としての手腕を見てみたいという、「怖いのも見たさ」もありましたが、どうしてもお金の問題が付きまとう。小沢さんが総理になるには、自らの完全潔白を示してからでしょう。現時点では、検察審議会から起訴される可能性が高いだけに難しいです。

正直、菅総理の実力は良く分かりません。まだ三カ月余りしか経っていないので、まだ判断するのには早計だと思います。それならば、「未知の魅力」に賭けてみたい。そう思います。

一方、小沢さん。恐らく、彼にとって自らが表に立っての選挙での敗北のはずです。選挙の指揮を取る「幹事長」の立場で選挙をして、自民党時代も通じて負けたことは無いはずです。

マスコミは、「負けたら党を割る」と騒ぎ立てています。でも小沢さんが党を割って出て行く事は無いと思います。衆議院の選挙制度が小選挙区である現状では、党を割って、新たに新党を作るのはかなり難しい。

元々、小選挙区制は小泉政権時に、「2大政党制」の国にするという目的で作らたもので、小政党には厳しい選挙制度です。小沢さんの年齢からしても、また一から作るという事はないと思います。

総理には菅さんになって欲しいと思っていましたが、小沢さんも私は好きです。民主党がここまで大きくなり、自民党の腐敗政治から政権交代を成し遂げたのは小沢さんの手腕です。

これからは、もっと小沢さんにも表舞台に出て来て欲しい。裏でこそこそやらずに、いろんな事を提言したらいい。

くれぐれも、民主党内をグチャグチャにして、自民党に政権を奪われる事にならない様にして欲しい。

民主党は頼りないかもしれない。マニフェストの修正もあり、うそつきという人もいる。実力不足だという声も。しかし、それでも自民党よりは100倍はマシ。それだけは確か。

代表戦も終わったし、政治家みんなでいい国を作るために精進して欲しい。


スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

これからですね

おひさしぶりです。 前回の衆議院選挙でも参議院選挙においても、結果は私の予想と同じでした。 たまたま世論と私の気持ちが同じだったのですが、国民の感情や世論を無視したような政治には、結果的に国民はノーをつきつけていると思います。 信頼できないような政治家の行動には、がっくりします。 
私は、小沢さんもよいところはあると思いますが、今回の小沢さんの代表選出馬だけでも、自らのけじめと国民への説明責任は果たされておらず、私はその点にかなり不信感を感じました。今回の代表選で小沢さんに投票した国会議員とサポータはそういった感情がないのか私は不思議です。
政権争いばかりではなく、信頼ある行動で挙党一致して日本を盛り上げてほしいです。


しかちんさん

私は民主党が民意を無視しているとは思っていません。代表戦も、民意の影響がかなり強かったですし、選挙無敗の小沢さんを負かしたのも民意の力だと思います。

参議院選挙も、比例代表の得票は民主党が一番の得票でしたし、国民がノーを突きつけているという見方は正しくないと思います。

小沢さんの件に関しても、検察が不起訴と判断したのですから、これ以上突き詰めるのは法治国家としてはおかしい事です。マスコミが「説明責任」を声高く言う為に、国民が煽られているだけ。

私は菅さんの続投を支持していましたが、世論が許せば小沢さんにやらせてみても良かったと思います。なので、小沢さんを支持した議員が半分いたのは、至極健全だと思います。

結果、サポーター票等は菅さんの圧勝。国民不在の代表戦という人もいますが、意外に世論が反映されたいい代表戦だったと、私は評価しています。
PR
プロフィール

みっちゃん

Author:みっちゃん

★サガン鳥栖ブログ検索★にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村

検索フォーム
サガン鳥栖日程


にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村
メールフォーム
コメントに対してのお返事は、都合により出来ない場合がございます。確実にお返事が必要な方は、こちらの「メールフォーム」にご意見をお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
リンク
カテゴリ
アクセス状況

ジオターゲティング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。