スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛島社長がダメにした

ワールドカップの中断が明け、未だに勝ち星の無い鳥栖。内容が良くて結果になっていないという事ならまだ目をつぶっていようと思いますが・・・。昇格どころか、福岡の背中まで遠くなりつつあります。

開幕前からずーっと思っていた事を、この際ですからぶっちゃけたいと思います。

鳥栖をダメにしたのはズバリ、牛島社長。岸野監督からクラブへの注文が入ったからと言って、岸野監督を辞めさせた。岸野監督は、「昇格するにはクラブハウスが欲しいな~」と言っただけでしょう。それを気に入らないからと言って解雇でしょうか?

昨年、選手が口にしていた言葉。「岸野さんの為に勝つ」。ハーフナー等のレンタル選手は、「岸野さんの熱さに惹かれた」。裏を返せば、「岸野さんがいなければ、鳥栖には残らない」ということ。岸野監督を辞めさせたら、昨年レギュラーを張った選手達が大量に出て行く事は誰が考えても明らか。レンタル組のみならず、高地などの鳥栖で大きく成長した選手までも放出する結果に。

今年の鳥栖のレギュラー陣を見ると、昨年鳥栖のスタメンだった選手がほとんどいない。全く別の選手ばかり。個の力は昨年よりも上回っている印象はありますが、チーム内の結束は明らかに足りない。昨年の岸野サガンにあった、度を越えたとも思えるくらいの熱い結束が見えません。

松本監督、ユンコーチは一生懸命やっていると思います。ただ、いかんせん0から始めなくてはいけなかった。松本監督が初めて鳥栖の地に足を踏み入れてくれた時の鳥栖と置かれている状況は同じという事になります。

どうして、3年掛けて作りあげた岸野サガンをいとも簡単に崩せるのか?ヤクルトみたいな確立された大企業であれば、従業員が総入れ替えしても何ら支障はないのかもしれません。しかし、団体競技であって結束が重要な要素となるサッカーに置いては、厳しい。

社長が変わって急上昇の福岡。鳥栖も若くて熱のある社長に変わって欲しい。今のままでは牛島社長で鳥栖は終わりを迎えるだけ。

逆に言えば、鳥栖が昇格するチャンスは社長交代しかない。牛島社長でのJ1昇格の可能性は0だと断言する。


スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

「3年」という不可解さ

やはり「岸野サガン」時代の、選手間のとても強い結束を毎試合目の当たりにしていたからこそ、今年の選手の熱いつながりというのはいまひとつという感じですね。

今年は全選手の約半数が入れ替わり、試合に関しては出場選手のほとんどが今季加入選手という試合も。

また、サガン鳥栖の歴史や過去についてよく知らない選手も多数派になってしまいました。

サッカーという、攻守を同時に行う競技は何よりもまず選手間の連携が重要になります。

パス、ポジショニング、カバーリング、セットプレーなどなど、選手間の連携を抜きには語れないプレーでゲームは成り立っていきます。

そして最近の鳥栖の試合を見ていて思うのは、プロサッカー界で1つのまとまったチームを作り上げるには、数ヶ月という短期間では限界があるんだなということです。

牛島社長もそこを分かった上で岸野さんを解任したのかどうかは定かではありませんが、いずれにせよ「ようやく」というところまできた岸野サガンは今でも私には不可解な終わり方をしたと思っています。

岸野さんを慕って鳥栖に加入した選手は多い。
岸野さんの解任=主力選手の大量移籍(退団)という事態は牛島社長には想定できなかったのか?

どこの組織でも、そのトップの言動や人柄というものはその組織の方向性を決めるといってもいいでしょう。

もともと選手一人一人の能力はリーグでも高い福岡も、都築さんから大塚さんに社長が交代してからは今の快進撃です。

その大塚社長、レベスタでの今シーズンの開幕戦でスタンドのサポーターに向けて、

「選手はピッチを走りますが、私は街を走ります。」

という非常に印象的なメッセージを送っています。

牛島社長もスポンサー獲得などクラブ経営に関しては尽力されていると思いますが、サッカーにおける「チームプレー」とは何かを今一度良く考えて欲しいと思います。

監督交代に「3年」という期間を初めから設定する意味が私には分かりません。

じゃあ、ユンさんが監督に就任したら、彼もまた3年で鳥栖を去るのか?

もしそうなれば、彼を慕い、はるばる海を越えてやってきた鳥栖の韓国人選手も去ってしまうのは明々白々でしょう。

普通の会社経営の考えや感覚では、プロスポーツチームの発展は絶対にないと思います。

経済的な物差しでしか物事を判断できない経営者はただの『経理の味方』に過ぎません。

厳しい台所事情の中、スポンサー獲得(継続)という成果は評価できますが、鳥栖の経営陣も、いろんな意味で変わる(代わる)べきだと思います。

チームを愛するサポーターの存在をどうか忘れないで欲しい。
経済的な物差しや判断基準のみで、どうかサポーターを振り回さないで欲しい。

フリーアタックさん

福岡が都築社長だった時期、「この人が社長である限り、福岡が昇格することはありえない」。そう思っていました。でも若い新社長に変わった。選手や監督は何ら変わっていないのに、社長が変わっただけで明らかにチームが良くなった。どこの会社も同じですが、やっぱりトップがどういう人間かというのは、非常に大切なことなんだなと感じます。

岸野監督は退任が決まった時、「俺は辞めるとは一言も言っていない。だれが決めたんだ」と激怒していました。「クラブハウスが欲しい」と要求した事が、牛島社長を怒らせたと推測するのは、難しくありません。

岸野サガン4年目。レンタル選手を含めて、多くの選手が引き続いて残る。今頃は、J1昇格ラインで熱戦を繰り広げていたと思います。

3年掛かって作りあげた土台を全て取り壊した牛島社長。古賀元社長と何ら変わりませんね。

なかなか仕事でサガンに記がまわらない僕ですが、まあみっちゃんを始め皆さんの言う通りだと思います。

0とは言わず松本育夫にかけてみましょうよ。

「岸野解任」「クラブハウス問題」

正直、台所がどうなってるかわかりません。ただ言えるのは牛島社長は年を取りすぎたことと、長い間鳥栖を見てきた人。

古賀は何もしてない。何を考えてるか解らない。何も考えてない。マニュアルあっても何もできない。

それよりマシかな~と思いましたけど(笑)


副島監督が比較的良い成績をおさめながら退団していったことを思い出しちゃいました(苦笑)

昨日は、突然自主練に切り替わってますね…松本監督の思うように選手が動いてくれないのでとうとうさじを投げたのか…いったい今、チーム内で何が起きているのか?

心配です!

トルネードサンダーさん

古賀元社長の時は、松本監督でさえ事務所に入れずという閉鎖的なクラブでした。それに比べれば、ずーっと民主的ではあります。

ただ両方に共通しているのは、長期的なものの見方は出来ないという事。確かに一年一年で考えなくてはいけないクラブの事情はあるわけですが、今の鳥栖は「J2で良いんじゃない?」という風に映ります。

毎年「夢○○」というスローガンですが、実態とはかけ離れている。本当に夢を感じさせるクラブにするためにも、社長は辞任すべきだと思います。

クラックさん

「辞めてもいいなら辞める」。そういう段階まで来てしまっている気がします。昨年の様な「岸野サガン」と同じ様に、「松本サガン」となっているかどうか?

正直時間が掛かることでもあり、今期は試練の年となるのはしょうがないかもしれません。

だからこそ岸野監督を退任させるべきではなかった。そう思います。
PR
プロフィール

みっちゃん

Author:みっちゃん

★サガン鳥栖ブログ検索★にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村

検索フォーム
サガン鳥栖日程


にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村
メールフォーム
コメントに対してのお返事は、都合により出来ない場合がございます。確実にお返事が必要な方は、こちらの「メールフォーム」にご意見をお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
リンク
カテゴリ
アクセス状況

ジオターゲティング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。