スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーム無敗継続!(×ジェフユナイテッド千葉)

結果から言えば、許される最低ラインの結果にはなったと言えるだろうか。勝てば、勝ち点2差と今シーズンの昇格ラインへの最小勝ち点差になる。負ければ勝ち点8差となり、残り試合からしてもかなり悲観的な見方をしなくてはならなくなる。勝つか負けるかは天地の差だったわけだが、その間の「引き分け」という結果に落ちついた。

全体的には、千葉の力を見せつけられた試合だったと思う。ただ、鳥栖も一歩も引かなかった。90分間、走り切ったのは鳥栖の選手達。負けたくない気持ちは、千葉の選手よりも明らかに勝っていた。

結果は引き分けで、この試合の見方もいろいろあるかもしれない。しかし、昇格する可能性がある千葉に互角に近い熱いゲームが出来たこと。これは鳥栖が力をつけた事を証明していると思う。

「プロは結果がすべてだ」

と言われれば否定しない。ただそれが本当に全てなら、鳥栖は見るに値するチームではないという事になる。

中断後、まだ未勝利の鳥栖。しかし、一つの勝利でチームは大きく好転すると思う。今回の結果で下を向く必要はない。

状況は苦しくなった。しかし、まだ昇格ラインは手が届きそうな位置に見えている。福岡が昇格ラインにチャレンジしているのを、傍観している分けにもいかないだろう。

ホーム無敗記録は継続となった。負けそうな雰囲気も漂っていた中で、引き分けに持ち込んだ。同じ引き分けなら、先制されて追いついた方が断然いい。

まだ、諦めるには早い。
スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

それこそ崖っぷち!

セットプレーからの得点の臭いがぜんぜんしません(涙)
逆に千葉はコーナーキックのたびに冷や冷や…。

選手のガッツは感じたんですが。

だから諦めません。

No title

こんばんは。
ホーム無敗記録更新中ですか。すごいですね!
「負けない」ことこそ、昇格への第一歩だと思います。
まだまだ大丈夫ですよ。^^

それにしても今年の九州勢はなかなかいいですね。^^
うちと北九州さんをのぞいて。苦笑

負けないことが大事

失点がオウンゴールだったが故に、引き分けでも悔しさは拭いきれませんが、去年8月の第32節からベアスタでは18試合連続無敗です。
この事実は前向きに考えていいと思います。

やはり千葉もしたたかでした。
自陣でボールをゆっくりと回し、それによって鳥栖守備陣をかき回し、スペースが出来たと見るや、すぐに縦のスルーパスで突破を図っていた場面がありましたが、さすがは去年までのJ1チームだなと思いました。

オウンゴールは不運だったかもしれませんが、千葉の選手には得点を許していません。

後半ロスタイムのGK赤星の攻撃参加があったように、鳥栖の選手の勝利への執念は最後まで感じました。
悔しさの中にも希望が見えた内容だったと思います。

ワクさん

崖っぷちなのは確かですね。上を見るよりも、下の方が近づいて来てしまいました。ただ、混戦になればなるほど鳥栖の出番の様な気もします。

まだ、チャンスが無い分けではありませんし、まだまだ終われません。

ambitious10さん

ホーム無敗継続は威張れる記録だと思います。ただ、最近は引き分けが多すぎて、素直には喜べません。

勝って記録を伸ばさないと、あまり意味が無い気もします。次は勝ちます。

フリーアタックさん

千葉がしたたかですね。やっぱり強いな~と思いました。

でも鳥栖も真っ向から戦えました。千葉とは差があるのは確かですが、ほんの少しだと思います。そのほんの少しが勝ち点5差なんだとは思いますが。

土壇場で追い込まれた時の鳥栖の強さも感じさせた内容でしたし、この引き分けは好転のいいきっかけになる気がします。
PR
プロフィール

みっちゃん

Author:みっちゃん

★サガン鳥栖ブログ検索★にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村

検索フォーム
サガン鳥栖日程


にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村
メールフォーム
コメントに対してのお返事は、都合により出来ない場合がございます。確実にお返事が必要な方は、こちらの「メールフォーム」にご意見をお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
リンク
カテゴリ
アクセス状況

ジオターゲティング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。