スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレ玉

みなさんはオランダ戦、見たでしょうか?日本も好戦したと思いますが、あのオランダの決勝点になったシュート。すごかったですね。後ろからのカメラから見ると、ブレているんですね。政治の世界で「ブレ」るとダメですが、サッカーでの「ブレ玉」は強烈です。

跳ね返せなかったとは言え、あれを手に当てたGK川島。当てただけでもすごいと思います。これはあのシュートを打ったスナイダーを褒めるべきですね。川島も評価に値する内容だったと思います。

で、思ったのは、やっぱりシュートは積極的に打ってみるという事。日本代表は若干シュートへの積極性がオランダなどと比べると少ないのかなという気がします。少々距離があっても、コースがあれば打ってみる。何らかの気象条件等が上手く重なって「ブレ玉」になる可能性もあります。

今年の鳥栖はシュート数が激増していますが、中断後も積極的な攻めを続けて欲しいと思います。あとは「決定力」ですが、その辺はもう少し上がって来そうな気がします。

ここ数戦で何度か見せた消極的なゲーム。中断後はそういうゲームは無くしてもらって、打って打ってゴールして、J1昇格へ邁進です。
スポンサーサイト

テーマ : FIFAワールドカップ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ジャブラニ戦術

今大会公式球「ジャブラニ」はその構造などからブレ玉を発生させやすいといわれていますが、GKにとっては恐ろしいボールであることも確かで何だか複雑ですね。

後半8分、あの位置から見事に枠を捉えたスナイダーのシュートは芸術的だと思います。
失点にはなってしまいましたが、そのシュートに何とか触ったGK川島も
素晴らしい反応だったと思います。

ジャブラニは弾道が不規則に変化するだけあって、GKのみならずFPにとっても自陣ゴール前での対応が本当に難しくなっているといえます。

やはりチームとして守りを固めれば、シュートへの対応は本当に神経を使うのではないかと思います。

今大会はイングランドやイタリア、ドイツなどヨーロッパの強豪が苦戦していますが、「もしかしてジャブラニの威力に苦しめられているのかな」とも思っています。

「ジャブラニ」というボールの特徴を利用するのも1つの戦術かもしれません。

フリーアタックさん

詳しい解説、本当に有難うございます。元々、ブレ玉になりやすいんですね。

あれを手に当てた川島も褒めるべきですね。

デンマーク戦、どう戦うんでしょうか。引き分け狙いで守備一辺倒にすると、足元をすくわれる気がしなくもないです。あれだけブレるので、遠目からでもどんどん打ってみてゴールを狙って欲しいと思います。

長くなりますが

こちらこそ、毎度のコメント返し本当にありがとうございます。

対デンマーク戦、私も守備一辺倒では足元をすくわれると思います。

日本が守りを固める→デンマークはロングボールを多々前線へ放り込みそうですが、そうなると193cmのFW二クラス・ベントナーにボールが合った時が脅威になります。

前線に長身選手が居るチームはロングボールが大きな武器になりますが、その選手が190㎝オーバーとなると尚更ですね。

日本には身長190㎝台のFPは存在しませんが、これまでの2試合で見せてくれた細かいパス回しを使った組織的な突破力を生かして欲しいです。(オランダ戦は大久保が起点となる突破にしびれました。)

これにフィニッシュの精度が加われば、かなり強力な攻撃材料になると思います。

積極果敢に攻め上がってこそ、セットプレーも含めてチャンスは生まれるはずです。

逆に攻めなければチャンスは生まれません。
今大会多く見受けられるPKも、やはり積極的に相手ゴール前まで攻めて誘い出した相手のファールがチャンスにつながっています。

最初から守りを固めるのは相手を恐れていることの裏返し。
引き分け狙いで最初から守りを固めて、結果引き分けた試合をあまり見たことがないように思います。

いろいろ考えや意見はあると思いますが、私個人的に、守りを固めるのはリードをしている試合終了間際にすることだと思っています。

デンマークは勝たなければ一次リーグ敗退です。
当然勝ちを狙いにくるでしょうから、日本の出方をうかがった後、前掛かりに攻めてくるでしょう。

相手が前掛かりになったその時こそカウンターアタックのチャンス!

それに日本にはブレ球キッカー、本田がいます。
ジャブラニの特徴を生かさない手はないでしょう。

フリーアタックさん

長文、大歓迎です。

日本は引き分けでOKですが、私も引き分け狙いに行くと0-1で負けるパターンになると思います。0-0でいいという気持ちになった時点で負けでしょう。

デンマークは力がありますから、無得点という事はないでしょう。なのでむしろ日本は点を取りにいかなくてはならないゲームだと思います。1点取って、その後守るパターンに持ち込めれば日本の勝利の目も出てくるはずです。

有力チームがボールに悩まされて敗退している様に、ボールの特性を活かせれば、格下であっても大物食いも可能なんだと思います。

とにかくゴールを目指して積極的に動いて欲しいと思いますね。
PR
プロフィール

みっちゃん

Author:みっちゃん

★サガン鳥栖ブログ検索★にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村

検索フォーム
サガン鳥栖日程


にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
にほんブログ村
メールフォーム
コメントに対してのお返事は、都合により出来ない場合がございます。確実にお返事が必要な方は、こちらの「メールフォーム」にご意見をお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
リンク
カテゴリ
アクセス状況

ジオターゲティング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。